かながわ・よこはま防災ギャザリング2014


日時:2014年1月18日(土)10:00〜15:30
場所:横浜防災会館及び沢渡公園


1月18日に「かながわ・よこはま防災ギャザリング」に出展しました。
大和市と瀬谷区と合同で「災害ボランティア活動におけるICT技術活用」のブースで、平常時、非常時のIT活用術を参加者のみなさんに啓蒙活動を行ってきました。



参加者のみなさんに日頃から住民が主体となって、防災・減災活動を地元主体で行うことが重要で、そのためにはHPやtwitter、Fecebookを使って情報を収集し、
如何に活用していくかを話し合ってもらいました。
参加者の方の中には自治会に入ってはいるが、なかなか情報共有が出来ない、若い人たちが集まらない、
パソコンや携帯を使った情報発信もお年寄りには伝わらない、等色々な問題点がでました。
そこで港北区が取り組んでいる、ネットと紙の複数のチャネルでの情報発信を行うことで、少しは改善される旨をお伝えし、好評を得ました。
また、参加者の中には有事の際には行政がなんとかしてくれると思っている方も多かったが、
実際には行政は何もしてくれないので、自助・共助が重要で、そのツールとしてITを使って情報の発信・収集は日頃から慣れておく必要があることを啓蒙した。
今回参加してみて一人ひとりと話してみて、防災は気になるが実際に何をしていいかわからないという人が多く、
自分の出来る範囲で出来る場所で出来ることから始めることが重要だと再認識しました。







Copyright (C) 2013 kouhokuku-saigaivolunteer center All Rights Reserved.