横浜市消防出初式2014


日時:2014年1月12日(日)10:30〜15:30
場所:赤レンガ倉庫1号館


2014年1月12日(日)、『横浜消防出初式』が赤レンガ倉庫イベント広場・赤レンガパークで開催されました。
ほとんどの来場者は、消防演技やはしご車などの訓練の様子・一斉放水など普段見られないイベントを楽しみにいらっしゃったのではないでしょうか。
私は、市ネットの要請で「みんなでつくるヨコハマ防災マップワークショップ」コーナーの鶴見区、神奈川区、港北区のチームへ参加しました。
18区を3区ずつ区切り、横浜市以外のチームの7地区、それぞれ地図の台の上へ来場された皆さんがお住まいの場所にカラーシールを貼っていただき、避難所を確認していただきました。皆さんにはゆっくりお話を伺うことは出来ませんでしたが、
お住いになっている街の好きなところや、自慢したいことなどポストイットに書き出していただきました。又、普段不便に感じていることに加え、
災害が起きた時に考えられる不安や心配に思っていることも書き出していただきました。



その結果を見てみると、公園など緑が多くある街では、駅へ行くバスなどの本数が少なく買物などに交通が不便であったり、街灯が少なく夜道が心配だったり、
路地が狭く緊急車両も通れないのでは、坂の上や坂の真下にお住まいの方からは、土砂崩れの心配の声があがっていました。
 又、若い方、まだお子さんが小さな方、マンションにお住まいなっている方の中には、避難所と広域避難所が一緒のものと思われている方が多くいました。
 とにかく、クイズラリーの中のワークショップですが、少なくとも来場された方々には、防災・減災を再確認していただけたのではないかと思いました。







Copyright (C) 2013 kouhokuku-saigaivolunteer center All Rights Reserved.